シアリスによるED治療

ED治療薬シアリスは病院で処方可能シアリスはED治療薬として病院で処方される薬です。非常に効果が高く性行為をする前に飲むことで勃起をしたり持続性を高めることができます。
しかし実は根本的に体質を改善する薬ではありません。
シアリスは飲むことで血流を改善できるのですがこれにより陰茎に血が流れ込み勃起できるようになるのです。勃起できるのは薬の効果がある間だけですので一度限りの効果が得られる薬と認識して置いた方がいいでしょう。
根本解決ができないなら体質改善をしたいと思う人はシアリスを飲む意味が無いのではと思う方もいらっしゃるかと思いますが意味はあります。
実は勃起不全は体の不調が原因でなることもありますが精神的なストレスやトラウマなどが原因でなることも多いのです。
薬の力を借りてでも一度成功体験をすれば自分に自身がつきトラウマを克服できる可能性があります。そしてゆくゆくはシアリスの用量を少なくしたり使用頻度を少なくし、最終的にはシアリスなしでも性行為ができるのです。シアリスは通販で簡単に買えるので、とりあえず試してみたいという方にはおすすめです。
年齢的な衰えなどが原因と思われていても実は原因は精神的な物と言うこともありますので充実した性生活を送りたいと思う人は精神的な治療を兼ねてED治療薬を飲むのもいいでしょう。
体だけの問題の場合は適度に運動をしたり肥満の方はダイエットに励んだりするようにしてください。
そして仕事が忙しく栄養のバランスの悪い食事をしている方でしたら食事にも気を付けなければいけません。
生活習慣を改善させることもEDの治療につながります。
勃起回復のためのサプリメントや精力剤なども販売されていますが、こちら健康な体を作るためのサポートとして用いられます。もし栄養不足に悩まされいるならこちらを飲んで根本的に体質を改善するのもいいでしょう。

シアリスを使うだけではダメ?運動で血行不良を改善

シアリスは夢の薬のように言われることもありますが、決して万能ではありません。運動などにより血行不良を改善しなければその効果を十分に発揮できないのです。
それはどうしてかというと、シアリスは有無を言わさず勃起を引き起こすような薬では決してありません。起こっている勃起を収まらせないようにするタイプの薬だからです。
つまり、決して勃起を起こす薬ではなく、起こった勃起を萎えさせないようにする薬なのです。
もう少し詳しく言いますと、勃起を引き起こすのはcGMPと呼ばれる物質です。これにより血管が拡張し流れ込む血液が増えて勃起が起こるのです。
運動不足のため、ダンベルでトレーニングしている男性一方で、それでは勃起したままとなって困りますから、cGMPを壊す物質も存在しています。それがPDE5と呼ばれる酵素で、このPDE5がcGMPを分解することで勃起は収まるのです。
シアリスは、PDE5の働きを阻害する作用を持っています。PDE5の働きを阻害することで、cGMPが分解されるのを防ぎ、勃起が収まるのを防ぐという仕組みです。
これで分かるとおり、いくらPDE5の働きを阻害したところで、それだけで勃起が起こるわけでは決してありません。
勃起を引き起こすにはcGMPが必要ですし、さらに言えばcGMPは血管を拡張させる働きを持っているだけにすぎず、血行不良などがあっていくら血管を拡張させたところで十分に血液が流れ込んでこないと勃起は起こらないのです。
ですから、シアリスだけに頼りすぎるのではなく、運動などにより血行不良を改善することが勃起を引き起こすために必要なのです。
シアリスはあくまでもきちんと勃起は起こるが、それを十分に維持することが困難という場合に効果のある薬です。

シアリスが合わないならジェネリックを試してみる

ED治療薬のシアリスは他のED治療薬と同様に会う人もいれば合わない人もいます。
もしも合わないのであれば他のED治療薬を試してみる事も一つの対応手段であると言えますが、シアリスのジェネリックを選択するというのも有効であると言えます。
ジェネリックというのはすでに販売されている医薬品と同じ成分を用いて開発や製造が行われている薬の事であり、主成分が同一であるために開発にかかるコストをかなり抑えられるので価格が安いというのが大きな特徴です。
ただ、主成分が同じであるのであれば効果が同じであってジェネリックを試してみても意味がないのではないかとも考えられます。
確かにジェネリックは先発薬と同じであると言われているので基本的な効果はシアリスと同じと言えます。
しかし、全く同じように作用するのかというと必ずしもそういう訳ではないです。
あくまでも同じであるのは主成分についての話であって製造方法が全く同じであるという訳ではないのです。
製造方法が異なれば体への作用の仕方は変わってくるので、シアリスが合わない人でもジェネリックならば合う可能性もあります。
だからこそシアリスが合わないならばジェネリックも合わないとは限らないです。
シアリスを個人輸入で購入しようとしている人なお、シアリスのジェネリックを手に入れたい場合は通常は病院では処方してもらう事は出来ないです。
それならば入手方法が無いのかというと、海外で販売されているシアリスジェネリックを個人輸入で手に入れる方法があります。
海外の医薬品は個人輸入で入手する事は日本でも認められていて、しかも代行業者を介して手に入れれば手続きについては難しい事を考えなくて済みます。
ネットで探せば代行業務を請け負っている通販サイトがあるので、そこで注文すれば手に入れる事が出来ます。